競馬スターターガイド

競馬場の魅力

中央は200円?地方なら100円で入れる競馬場の魅力

競馬はギャンブルとして楽しむ方が大半を占めるのですが、子供やあまりギャンブルはしたくないという方にもスポーツ観戦として楽しむことができます。
競馬場は、競馬が行われる日はまるでお祭りのように屋台が立ち並び、イベントが行われています。
芸能人のステージが見れたり、子供が楽しめるイベントがあったりと、盛りだくさんで行われています。
馬や騎手も、パドックやコースで間近で見ることができ、近くでレースを見ると、風や地響きも感じることができます。
これだけ内容が盛りだくさんで、入場料は阪神や東京などの中央は200円、地方は100円で入ることができます。
無料のシャトルバスを出しているところもあり、便利も良いです。
ギャンブルとして楽しむ方も、テレビやインターネットで馬券を買うのも良いのですが、やはり現地で馬券を買うことで、馬のコンディションなどを間近に見ることができますし、信用できるかはさておいて、長年馬券を買い続けている熟年の人の独り言を聞くこともできますし、何よりも勝敗が目の前で決まりますので、臨場感が違います。
G1のレースが行われる日は、本当にすごい人です。
ただ、それだけの価値があるレースが行われます。

競馬をする競走馬の生活

競馬は、競走馬のレースを1着と2着を予想して当てる公営競技です。
レースを観戦する場所は、中央の競馬場では、10か所あり、開催している場所は毎週の土曜日と日曜日が基本で2か所、馬が走っています。
レースする競走馬は、事前に調教する必要があります。
まず、発馬機からスタートするので、練習します。
そして、騎手を乗せてコースを走るので練習します。
これを上手に行なわなければ、レースにならないので、毎日しっかりと練習していきます。
調教師と助手、現役の騎手達等に競走馬を鍛え上げて、レースに臨みます。
レースの当日までに、練習場から競馬場へ馬運車で輸送して行きますが、馬は繊細な動物なので、レースに影響するので、ストレスを与えないように丁寧に運んで行くのです。
レースの当日、発送する前には、パドックに向かい、臨戦体制を整えて、馬場に向かい、時間が来れば、レースに臨みます。
レースが始まり、発馬機に入り、ゲートが開いたらレース開始します。
調教で練習した通りに馬が走り、ゴールまで走ります。
見事1着になれば、賞金が貰い、ランクの高いレースに出ることができます。
そして、馬の家に帰り、再び次のレースのため、調教を行うのです。

 


注目サイト


不用品回収を横浜で行っています



Last update:2020/4/2

『競馬』 最新ツイート

@huroho

谷建は潤さまの6つ上なのでヒロト先輩とも競馬学校ではかぶってない そう考えると結構お兄さんだな

1分前 - 2020年11月24日


@rxk2gIdaHw0H1F6

1、3、4位は競馬場で生で観戦しました。今回のJCは、ランキングされるようなレースになるのか⁉️ https://t.co/HihSpp7ibM

2分前 - 2020年11月24日


@toki_toki_2LC

酒飲んでタバコ吸って麻雀やって競馬してパチンコやって ラーメン食ってマスかいてジュース飲んでコーヒー飲んでから 撮影とか編集に来るなよ。 産業廃棄物のような映像を作るなよ。

2分前 - 2020年11月24日


Copyright(C) 2015 競馬スターターガイド. All rights reserved.